かんにん袋

日本人のかんにん袋ももう限界です。

    韓国では、「五輪が拉致されるという懸念が現実になり始めている。傍若無人な北に対し、韓国政府は平身低頭で顔色をうかがうだけ」(朝鮮日報)といった批判が続出している。
    引用元
    http://www.sankei.com/world/news/180126/wor1801260039-n1.html

      
    いいじゃないですか。これを機に南北統一すれば。それが韓国の皆さんの総意でしょ?よく言ってるじゃないですか「南北統一すれば世界一の国になる」って。文氏を大統領に選んだのも北派の人間で統一を進めてくれそうだからでしょ?

      そもそもあんたら戦争中じゃないの?お互い反日のし過ぎで現状も解らなくなったか?笑
     冗談ではなく韓国人は現状を理解していないと思います。ロウソクもって人一人廃人にしてまで北派の人間選んでるんですから。
      そういう意味では私は北主導で統一するのがいいと思います。まだ多少はまともかな?


    クリックお願いします!

    保守ランキング

    韓国の聯合ニュースによると、ドイツのシュレーダー前首相(73)は25日、訪問中のソウルで、交際中の40代の韓国人女性とともに記者会見し「(今年)秋ごろの結婚を考えている」と表明した。結婚後も両国を行き来して「韓国の歴史や文化を学ぶことを楽しみにしている」と語った。
    引用元http://www.sankei.com/world/news/180126/wor1801260003-n1.html


       
    73歳で40代女性と結婚で慰安婦問題に言及しますか。笑
     いやね。べつに結婚を馬鹿にするわけじゃないですよ。ただ一般的ではないなと。ちなみにこの人×2(バツに)です。

     それはさておき、「慰安婦問題で日本は謝罪していないと批判した」これですよ。外野は黙ってて欲しいです。ましてや不可逆的に解決した話しですから。 
     
     シュレッダー氏ですが2017年9月にソウルのナヌムの家(日本軍の慰安婦であったと主張する韓国人女性数名と、日韓の若者を中心としたボランティアスタッフが共同生活を送っている施設)を訪れ自伝の売上から1000万ウォン寄付し「
    日本政府が慰安婦に対して謝罪する勇気を持てないでいる」とコメントしております。

     どうしてこのような考えを持ってしまうのか。洗脳なんですかね?笑 ナヌムの家の方たちと接していてなにか疑問に思う事は無かったのか。慰安婦?の話ばかり真に受けて自分で掘り下げて調べようとしなかったのでしょう。発言力のある無知はとても始末が悪いです。韓国人のドイツ信仰は凄いですから相当手厚く歓迎された事でしょう。
      根っからの反日思想だとしたら同志の多い韓国でちやほやされるドイツ人。楽しくて仕方ないでしょう!最高ですね!!
      
     日本の軍備増強にも反対しているようですが大きなお世話です。韓国人の新妻と仲良くやっててください。

    クリックお願いします!

    保守ランキング

    首相は平成30年度予算案で導入に向けた諸経費を盛り込んだ長射程の巡航ミサイルについて「防衛に当たる自衛隊機が相手の脅威の圏外から対処できるようにすることで隊員が安全を確保しつつ、わが国を有効に防衛するために導入するものだ」と説明し、憲法上、保有が認められない装備だとする見方を否定した。
    引用元http://www.sankei.com/politics/news/180125/plt1801250032-n1.html


        早急に導入すべきです。反対する理由がありません。私は核兵器を日本が持つのは反対ですが、核以外の兵器に関しては出来るだけ多く所有するべきだと思っています。
      
      巡行ミサイルといってもよく解らない方のために簡単に説明しますと、翼がありジェットエンジンにて水平飛行するミサイルです。ロケットエンジンではなくジェットエンジンを使用しているので低速ではあるが射程は長いです。低空を飛行するのでレーダーに映りにくい利点があります。

      巡行ミサイルの導入だけではなく、イージスアショア等の配備を早急に進めるべきです。いざという時日本国民のために戦ってくれる自衛隊員の方たちの為にも、安心して戦える装備を保有してもらわなければなりません。 
      日本が武器を持つ事にもアメリカ軍が駐留している事にも反対している方たちがいますが、去年は所謂「空襲警報」が2回鳴ったのです。私もこの耳で聞きました。本当にビックリしました。

      今がどういった状況なのか、反対派の方たちは真剣に考えてみたらいかがでしょうか。

    クリックお願いします!

    保守ランキング

    このページのトップヘ