安倍晋三首相は18日、オーストラリアのターンブル首相と首相官邸で会談した。両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の海洋進出を念頭に、安全保障協力をより一層強化していくことで一致した。自衛隊と豪軍が互いの領域での運用を円滑にするための新協定「訪問部隊地位協定(VFA)」についても議論し、双方の関係閣僚に早期妥結を指示した。
引用元
http://www.sankei.com/politics/news/180118/plt1801180035-n1.html

  
安倍首相頑張っております。味方を作るのはとても大切な事だと思います。ただ少しオーストラリアのターンブル首相と聞くと中華よりの思想が見えるのと例の潜水艦の事もありイマイチ信用出来ないというかなんというか。 

 そもそも訪問部隊地位協定とはなんぞや?という人の為に簡単に説明しますと、「
共同訓練や災害救援などで一時的に国内で活動する外国軍の法的地位を定める協定」。すなわち、短期間協定を結んだ先の国で活動する時に相手国で事故や法律を犯したときの法的扱いを事前に決めておこうというものです。

 今回オーストラリアが協議に入りましたが続いてイギリスとも協議する予定になっています。日英同盟と聞くと少しワクワクしちゃうのは私だけでしょうか?

 引用元の記事を読んだ限りですとなかなか内容の濃い会談になったのではないかと思います。最近の中国の動きを見ていると早急にインド太平洋海域での各国との連携強化を急ぐ必要があるのではないかと感じます。


クリックお願いします!

保守ランキング