かんにん袋

日本人のかんにん袋ももう限界です。

    軍備

    5日午後4時45分ごろ、佐賀県神埼市千代田町の住宅にヘリコプターが墜落したとの119番があった。墜落したヘリは陸上自衛隊目達原駐屯地(同県吉野ケ里町)の第3対戦車ヘリコプター隊に所属するAH64D戦闘ヘリコプターで、佐賀県警によるとヘリの墜落で住宅が燃えた。
    引用元
    http://www.sankei.com/affairs/news/180205/afr1802050021-n1.html

       
    このところ事故がとても多く感じます。
    去年の主な自衛隊機事故ですが、
    29・5・16 北海道北斗市の袴腰山付近で大破した陸上自衛隊のLR2連絡偵察機を発見。乗員4人死亡

     8・17 山口県岩国市の海自岩国航空基地で、海自のCH101多用途ヘリが横転。4人が病院に搬送

     26 青森県沖の日本海上で海自の4人乗り哨戒ヘリが墜落。3人が行方不明

     10・17 浜松市沖で空自の救難ヘリが墜落。3人死亡、1人行方不明

     28年はというと。28・4・6 鹿児島県鹿屋市の山中で航空自衛隊の飛行点検機が墜落、6人死亡

     明らかに増えています。今回の事故は機体の故障の可能性が高いとの事です。物はいつか壊れます。自衛隊の事ですから補修、管理もしっかりしていたと思います。しかし、もし慢心して整備をしていた結果だとしたら許せません。私達日本人にとって自衛隊は必要な存在です。ですから反自衛隊派の餌になるような事故は起こさないよう、さらに徹底した管理をして頂きたいところです。
     今回亡くなられた自衛官、親族の方にお悔やみ申し上げます。


    クリックお願いします

    保守ランキング

    首相は平成30年度予算案で導入に向けた諸経費を盛り込んだ長射程の巡航ミサイルについて「防衛に当たる自衛隊機が相手の脅威の圏外から対処できるようにすることで隊員が安全を確保しつつ、わが国を有効に防衛するために導入するものだ」と説明し、憲法上、保有が認められない装備だとする見方を否定した。
    引用元http://www.sankei.com/politics/news/180125/plt1801250032-n1.html


        早急に導入すべきです。反対する理由がありません。私は核兵器を日本が持つのは反対ですが、核以外の兵器に関しては出来るだけ多く所有するべきだと思っています。
      
      巡行ミサイルといってもよく解らない方のために簡単に説明しますと、翼がありジェットエンジンにて水平飛行するミサイルです。ロケットエンジンではなくジェットエンジンを使用しているので低速ではあるが射程は長いです。低空を飛行するのでレーダーに映りにくい利点があります。

      巡行ミサイルの導入だけではなく、イージスアショア等の配備を早急に進めるべきです。いざという時日本国民のために戦ってくれる自衛隊員の方たちの為にも、安心して戦える装備を保有してもらわなければなりません。 
      日本が武器を持つ事にもアメリカ軍が駐留している事にも反対している方たちがいますが、去年は所謂「空襲警報」が2回鳴ったのです。私もこの耳で聞きました。本当にビックリしました。

      今がどういった状況なのか、反対派の方たちは真剣に考えてみたらいかがでしょうか。

    クリックお願いします!

    保守ランキング

    安倍晋三首相は18日、オーストラリアのターンブル首相と首相官邸で会談した。両首脳は北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の海洋進出を念頭に、安全保障協力をより一層強化していくことで一致した。自衛隊と豪軍が互いの領域での運用を円滑にするための新協定「訪問部隊地位協定(VFA)」についても議論し、双方の関係閣僚に早期妥結を指示した。
    引用元
    http://www.sankei.com/politics/news/180118/plt1801180035-n1.html

      
    安倍首相頑張っております。味方を作るのはとても大切な事だと思います。ただ少しオーストラリアのターンブル首相と聞くと中華よりの思想が見えるのと例の潜水艦の事もありイマイチ信用出来ないというかなんというか。 

     そもそも訪問部隊地位協定とはなんぞや?という人の為に簡単に説明しますと、「
    共同訓練や災害救援などで一時的に国内で活動する外国軍の法的地位を定める協定」。すなわち、短期間協定を結んだ先の国で活動する時に相手国で事故や法律を犯したときの法的扱いを事前に決めておこうというものです。

     今回オーストラリアが協議に入りましたが続いてイギリスとも協議する予定になっています。日英同盟と聞くと少しワクワクしちゃうのは私だけでしょうか?

     引用元の記事を読んだ限りですとなかなか内容の濃い会談になったのではないかと思います。最近の中国の動きを見ていると早急にインド太平洋海域での各国との連携強化を急ぐ必要があるのではないかと感じます。


    クリックお願いします!

    保守ランキング

    このページのトップヘ